株式投資

【銘柄分析】超高配当のARCC(エイリス・キャピタル)のリスクは? 長期保有しても大丈夫? 【セミリタイアが加速するッッ!】

 

株子
超高配当のエイリスキャピタル(ARCC)は過去S&P500を上回るトータルリターンだけど、業績や配当利回りの実績はどうなんだろう?
配当を得るために投資するのが目的な銘柄であると言えるので、配当支払い実績や業績が大丈夫なのか分析してみよう。
株マン

 

以前のブログでARCC(エイリスキャピタル)の企業内容やセミリタイア、FIREに相性の良い高配当銘柄、トータルリターンがインデックス投資に勝る結果を出していることをご紹介しました。

まずそちらをご覧になって頂くとより理解が深まるかと思いますので、よければご覧になってみてください。(^^)/

【ARCC:エイリスキャピタル】の配当・株価・長期保有は?配当生活に向けて米国高配当株をポートフォリオに【超高配当】

...

続きを見る

 

今回は業績や、配当の実績などデータを参考に投資対象として良いのか深堀して解説していきます。

 

ARCC(エイリス・キャピタル)は中小企業への投資会社

【ARCC】エイリス・キャピタルはアメリカの中小企業、新興企業に投資を行っているBDC(投資会社)。

【公式サイト】

 

社名 ティッカーシンボル Ares Capital Corporation(エイリス・キャピタル)  ARCC
設立 2004年
本社 米国・ニューヨーク州
上場市場 NASDAQ(ナスダック) 2004年10月上場
業種 クローズドエンド型非分散型管理投資会社 
投資総額 約143憶ドル超 (※2021年1月時点)
配当利回り 約8~11%  平均9%以上

 

BDCの投資対象は未上場企業も含む、新産業や有望な中小、新興企業。

米国最大のBDCで現在(2021年1月時点)で約143憶5800万USDの資金で347の会社に投資しています。

一応外部の世界3大格付け機関からも、ギリギリ投資適格(BBB以上)とされています。

配当利回りも基本的に9%を超えていて、リーマンショック、コロナショックを乗り越えてはいますが、金融危機の際には株価の下落率が50%を超えるなどかなりハイリスク・ハイリターンな銘柄なのは間違いありません。

相場が大きく下がった時に買いたい銘柄です。

 

波はあるが業績拡大傾向

これまでの業績をみていきましょう。(※2021年1月時点)

※楽天証券より引用

 

売上高、利益共に拡大傾向ですが、2019年は減収減益と足踏みです。

2020年も流石にコロナ影響あるので、減収減益となる見通しです。

EPSも同じく、2020年はガクッと下がりそうです。

ポイント

●EPS ☞ 1株あたりの当期純利益

株主が投資した株1株あたりで会社がどれだけの利益をあげているかを判断することができる。

しかしコロナ影響ありつつも2020年通しての業績、コンセンサス予想は昨年より落ち込むものの、黒字では済みそうです。

●コンセンサス予想 ☞ 専門家やアナリストが算出する予想の平均

ARCCの投資対象は未上場含む中小、新興企業とリスクは高めに思えますが、かなり実体経済が痛んだコロナショックでも利益を確保できていることから、わりと手堅いポートフォリオなんだなという印象です。

投資する資産の7割は投資適格とされているものという法律での決まりもありますしね。

2020年は利益もなんとか確保できていることから、減配はありませんでした。

私にとってこれはポジティブサプライズでした。

ハイリスクは覚悟していたので、意外としっかり企業選別して投資しているんだなという印象。

期待しすぎはいけませんが、リーマンショックやコロナショックを乗り越えた実績には信頼感が増しました。

キャッシュフローは金融業なので参考程度に見ていきましょう。

キャッシュフローはお金の流れなのですが、融資、投資をするARCCにおいては営業キャッシュフローがマイナスでも悪くはありません。

売上を上げていないわけではなく、貸し付けている金額が大きい為マイナスになります。

貸し付けたお金は利子がついて、将来の利益になります。

同じ金融業の三菱UFJリースの記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧になって頂くと分かりやすいかと思います。(^^)/

【割安&高配当&連続増配】三菱UFJリース 株価割安で堅調な業績 今が仕込み時!?

...

続きを見る

 

2017年は財務キャッシュフローが大きくプラスになっていますが、同じBDC大手のアメリカン・キャピタルを買収するための資金調達によるものですね。

全体通して良くもないけど悪くもないかなといった感じです。

配当さえきっちり支払ってくれれば御の字です。

 

配当は波ありつつも高い水準をキープ

支払い配当金 1株あたり(USD)
2010年 1.4
2011年 1.41
2012年 1.6
2013年 1.57
2014年 1.57
2015年 1.57
2016年 1.52
2017年 1.52
2018年 1.54
2019年 1.6
2020年 1.6

 

REITと同じく利益の90%以上を投資家へ分配することで法人所得税の免除を受けているので、毎年毎年連続増配とはいきませんが超高配当です。

基本的に配当利回りは10%前後です。

 

リーマン時には約80%、コロナでは約60%下落のボラティリティ

 

かなり高い水準で配当での株主還元を行うので、株価上昇は期待しにくいです。

リーマンショック、コロナショックなどの金融危機には滅法弱く凄まじい下落を記録しています。

リーマンショックでは約80%下落、コロナショックでは約60%の下落を記録しています。

いざ自分が投資していて、金融危機に直面した時この下落に耐えられるかどうか…

投資対象がリスキーであるからこその超高配当ですが、リーマンやコロナを乗り越えたとはいえ資産の大半を投資するのは危険ですね。

もし倒産したら全て吹っ飛びますからね。(;゚Д゚)

万が一が起こる確率は堅実なビジネスモデルに比べて高いとは思うので、資産の大半を投資するような銘柄ではなく、一部をスパイス的に投資する銘柄と考えます。

平時に投資すると含み損を長い期間抱える可能性は高いので、株価が大きく下落した時を狙って投資するのが良さそうです。

そうするとキャピタルも、インカムも高い水準で確保できるので、投資タイミングさえ良ければポートフォリオの中でも非常にウマウマな存在になり得るでしょう。

 

株子
大きく落ちた時を狙って投資するのね!
うむ。

本当に投資タイミングはポイントを絞った方が良さそうだな。

株マン

 

 

まとめ

〇ARCCは新興、中小企業に投融資する会社

〇ハイリスクハイリターンな配当利回り10%前後と超高配当

〇金融危機には最大80%以上下落とめっぽう弱い

〇ボラティリティを許容するならリターンはインデックスを上回る可能性

〇利益の9割以上を配当で還元するため株価上昇は見込みにくい

〇暴落時に買うとかなり旨味アリ

 

米国株の超高配当銘柄、【ARCC】エイリス・キャピタルのご紹介でした。

ポートフォリオの一部に加えるとかなりプラスのキャッシュフローが増えますね。

金融危機を乗り越え個人的には信頼感が増したものの、かなりリスキーであることは間違いないので仕込むのは株価が大きく落ちた時に絞った方が良さそうです。

過去80%下落したこともあるので、そういったリスクに耐えられない場合は投資をしない方が良さそうです。

投資するにしても、あくまでポートフォリオの一部に留めておくのが良いと思います。

10数年~数年に一度の株式市場全体の大暴落時に仕込むことができると、後々かなり資産増の期待はできそうです。

普通の銘柄と違って"よりリスクを十分ご理解した上で"、投資しましょう。(^^)/

 

ARCCはアメリカ株ですがSBI証券では取扱いがありません。

ARCCを取り扱う証券会社はあまりなく、現状あるのは楽天証券だけなので投資したい方は楽天証券からどうぞ。(^^)/

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ
にほんブログ村


不労所得ランキング

 

-株式投資

Copyright© コツコツ株式投資部 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.